秋田県北西部と、青森県南西部にまたがる約13万ヘクタールの広大な山地帯の事を白神山地と言います。

白神山地は、テレビなどでも紹介されていますが、世界最大級のブナ林が在るのが特徴です。
また、この地域には、多種多彩な動物や植物などが生息及び自生しており、貴重な生態系が築き上げられています。
尚、白神山地は、1993年12月に世界遺産に登録されています。

青森県中津軽郡には、白神山地の生態系、ブナの一生やブナ林の役割および仕組みなどを紹介する、ミュージアムが在ります。
ここは、白神山地ビジターセンターと呼ばれるミュージアムで、人間の生活と自然との関わりを学べる施設でもあり、白神山地の自然と言うものを、模型やパネルなどを利用し、テーマ毎に紹介しているのが特徴です。

また、このミュージアムでは映像体験ホールが用意されており、プロジェクターを利用して白神山地の四季を紹介しています。
フォールと言うのは、秋であり、フォールの季節は木々が彩りを見せる時期であると同時に実りの秋でもあります。

また、このミュージアムでは、幾つかのハイキング及び登山コースを紹介していると同時に、ブナ林を散策可能な推奨コース案内も行っており、季節を通してブナ林の散策や林床植物を観察する事が出来るフィールドを案内しています。